レストランウェディングの会費制について

レストランウェディングでは、しばしば「会費制」がとられることがあります。
会費制とは一体どういうことでしょうか。

従来通りの招待制では、新郎新婦が、結婚式費用を支払い、
参加するゲストはご祝儀を新郎新婦へお渡しすることが一般的です。

対して会費制の結婚式では、新郎新婦が結婚式費用を支払う点は同一ですが、
その結婚式費用の一部負担として、参加するゲストへ会費を支払いいただき、
ご祝儀は不要という形式が一般的です。

どちらも、
新郎新婦が式場へ金銭を
ゲストが新郎新婦へ金銭を
という点では同一で、名目が違います。
この名目の違いはどのような違いがあるのでしょうか。
簡単に言えば、気持ちの部分が異なります。
招待制のご祝儀、については新郎新婦は金額を指定することはできません。
相場はあるとは言え、ゲストの方の気持ちに委ねられるものとなります。

会費制の会費、については新郎新婦が金額を指定することとなります。
これは、ゲストの方は決められた金額を支払って参加することになります。
まだ若い場合、友人のお財布事情も暖かくない場合もあります。
その場合、相場のご祝儀をお渡しすることが厳しい場合もあり、ですが
友人として義理を果たすためという気持ちが入り、少なからずストレスを感じる方もいらっしゃるかもしれません。

ここで会費制である場合、金額の調整もありますが、
ご祝儀相場より安価な金額を指定することで、友人のストレスは和らぐかもしれません。
または、極端な話、財布事情が厳しいので参加できない、という理由をお渡しすることもできます。
ですが、反対に従来の考え方が根強い方には、新郎新婦が参加費を定めるのには少し違和感がある、という方もいらっしゃるでしょう。

そういった意味で、会費制はある程度「カジュアル」と言えるでしょう。
だからこそ、レストランウェディングで使用されることが多いのかと言えるでしょう。

レストランウェディングだからカジュアルに、
なんでも許されるというわけではありませんが、
これまでの気軽な感じで参加しやすい方にはいいかもしれません。

大阪でのレストランウェディングができるところを
お探しであれば、堀江にこのようなところがありますので
一度見てみてはいかがでしょうか。